オカの雑記帳

色々なものの感想をテキトーにのせていきます。グダグダリポートに乞うご期待!

上海ディズニーランドってどんなとこ?part2

こんにちは、オカです!

今回は前回の続きで上海ディズニーランドについてちょこっと紹介します

 

前回↓

上海ディズニーランドってどんなとこ? - オカの雑記帳

 

[パークチケット]※2018年4月現在

1デーパスポートは土日祝・夏休み期間が499元

(1元18円とすると9054円)

それ以外の期間が370元

(1元18円とすると6706円)

平日と休日で値段が違い、休日のほうが高くなっています

 

お子様は身長によって料金が分かれており、

140cm以上は一般料金です

シニアパスポートは65歳以上の方が対象になっています


マルチデーパスポートは2デイだけのようです

料金は各チケットから5%引いた値段です

 

※2018年6月には初のチケット料金の値上げを予定しているそうです

 

上海には年間パスポートがない変わりに、シーズナルパスポートというものが購入できます

これは約4ヶ月間、何回もいけるパスポートです

 

値段は大人の場合

全日 1390元

平日のみ 1030元

日曜のみ 915元

 

このパスポートを提示すると、買い物の際2割引なるなど、様々な特典が受けられるようです(^^)

 

購入方法は以下の通り

      • 公式サイト、アプリで購入

f:id:sos_squid_08:20180501214005p:image

 

  • パークのチケットブース
  • ディズニーホテル
  • 上海市内のディズニーストア

 

日本から行く場合、公式サイトからかホテルに宿泊する方はホテルで購入がいいですね

チケットブースは混雑状況によって販売しない場合があるので注意です!

 

[ファストパス]

上海ディズニーランドのファストパス対象アトラクションは以下のとおり

  1. トロン・ライトサイクル・パワーラン
  2. バズライトイヤー・プラネット・レスキュー
  3. ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン
  4. ロアリング・ラピッド
  5. 七人の小人のマイントレイン
  6. ピーターパン空の旅
  7. プーさんの冒険

 

ファストパスの入手法は3つ

  • 園内に4箇所あるゲストサービスで取得

 

追記

FPを発券している時間にゲストサービスへ行ってみましたが、発券機にカバーがかけてあり、キャストさんがアプリでとるよう指示していました

ただ、紙のFPを提示している人もいたので完全に発券機を使っていないわけではなさそうです

一応、アプリで取れるように準備しておいたほうが良いと思います

 

1つのゲストサービスで全てのアトラクションのファストパスを取ることができます

1人一枚しか発券できないので、代表者だけ行って取りに行くことができません

 

  • 上海ディズニーランド公式アプリで取得

1つのアプリで全員分のファストパスを取ることができます

事前に全員分のパスポートを紐付けておく必要があります

 

  • ディズニー・プレミアム・アクセスで購入

有料ファストパスです

7枚セット、5枚セット、単品の販売で、ゲストセンターなどで購入できます

(本来アプリでも購入できるのですが、中国のクレジットカードを使うらしいので日本から旅行できた人は使えないですね…)

 

[wifi]

パーク内やホテルではwifiがとんでいます

日本のスマホでも接続できるのですが…

電波が弱い場所がある

上海のネット検閲のため、ツイッターなどが使えず不便

そのため、日本からポケットwifiを借りて行くことをオススメします

 

さらに、LINEやツイッター、グーグルマップなどを使用するにはVPNが必要です

ポケットwifiを借りる際、VPN付きのプランにすることでネット検閲を回避できますよ!

 

また、無料のVPNアプリもいくつかあります

これらは容量や速度、使いやすやがそれぞれ違うので、自分に合ったものを選べるというメリットもあります

 

VPNとは

通常のインターネット回線と別の専用回線があるかのように通信できるシステム

つまり、中国にいるけど日本からアクセスしてることにできるのです

 

やはりこうして見ると、東京とシステムがいろいろ違いまますね

アプリでパスポートの購入などが完結できたり、パーク内にもwifiが飛んでいたりと今の時代にあっているな、と思うものが多いです

 

次回は準備編です!